• ホーム
  • 逆流性食道炎と悪玉菌の関係|ネキシウムで胃酸を抑制

逆流性食道炎と悪玉菌の関係|ネキシウムで胃酸を抑制

悪玉菌のイメージ

人間の消化管は、一本の管になっています。
口、食道、胃、小腸、大腸、肛門まで続いています。

便秘がちな人は、腹部膨満感が続いて逆流性食道炎を起こしやすいです。
消化管の中に便が詰まっている状態ですから、それが原因でお腹が張って胃酸が逆流しやすくなります。

なので、便秘は逆流性食道炎を発症させるひとつの原因になります。

便秘がちな人の腸内環境は、悪玉菌が優勢になっています。
これを善玉菌優勢に変えることができれば、便秘が解消されて腹部膨満感もなくなり、逆流性食道炎の症状が改善される可能性もあります。

改善のためには、ヨーグルトがオススメです。
ヨーグルトには乳酸菌が含まれているので、腸内環境改善に役立ちます。
また、ヨーグルトに胃粘膜を保護する作用もあるので、胃と腸の問題にぴったりの食べ物と言えます。
胃酸を中和してくれる作用も期待できるので、胃酸が逆流して食道が荒れている人にもオススメです。

食事に気をつけることは逆流性食道炎の治療の第一歩ですが、それで改善できなければネキシウムなどの胃酸分泌を抑える作用がある薬が有効です。
ネキシウムはPPI (プロトポンプ阻害薬)という薬で、プロトポンプという胃酸を分泌させる働きをしている場所を阻害することで、胃酸が出せないようにします。
胃酸が出すぎる胃酸過多などにも有効です。

ネキシウムは青色のカプセル型の薬で、小さいので飲みやすいです。
少しでもしっかり効くように作られているので、胃の調子が悪くて薬を飲むのも辛い時にも安心です。
逆流性食道炎の症状を改善させるには、ネキシウムなどを使った薬物療法だけではなく、日頃の食事に気を使い脂っこいもののとりすぎを控えることが大切です。

人気記事一覧